うつ病治療の流れを事前にチェックしておきましょう

治療の流れ

女性

一般的にうつ病の治療にはとても時間が掛かります。万が一の時の為に、治療の流れをチェックしておきましょう。基本的にこの病気の治療は3つの段階に分けて行います。急性期と回復期、そして再発予防期です。まず、急性期ですが、休養と薬物治療を行います。薬物治療には睡眠導入剤や抗うつ剤が用いられるのですが、ここでチェックしておきたいことが抗うつ剤についてです。基本的に効果が現れるまでには個人差がありますが、1ヶ月から3ヶ月程時間が掛かると言われています。人によって半年からそれ以上時間がかかる場合もあるのです。また、抗うつ剤の特徴として、効果よりも先に副作用の方が強く出ることがあります。先に副作用の方が強く出てしまうので、効果がないと判断して薬物治療を勝手に止めてしまう方がいますが辛抱強く効果が現れるまで服用を続けましょう。薬物治療では苛々や不安、疲労感や倦怠感などが解消し始め、日常生活に対する興味も戻ってくるので少しずつ日常生活が楽しめるようになってきます。次に回復期ですが、この期間はうつ病の症状が回復したり悪化したりを繰り返すでしょう。回復と悪化を繰り返しながら徐々に症状を安定させていくのです。焦らずに治療していくことが大切なのでチェックしておきましょう。基本的に症状が回復した際に、病気が治ったと勘違いする方も少くありませんが症状が安定するまでは油断は禁物です。また、回復期には症状が少しずつ良くなってくると同時に体力や気力も戻ってきます。身体を動かせるようになるので、行動力も伴ってくるでしょう。そこで注意したいのが希死念慮です。もう最初の状態に逆戻りしたくないという恐怖心から希死念慮が現れることがあります。回復期には気力と体力が戻ってくるので、自殺を考えた時にいきなり行動に移す場合があるのです。突発的に自殺を図ることがあるので、周囲の人間は患者の様子を注意深く観察する必要があるでしょう。また、症状が安定してくると社会復帰を急ぐ方がいますが、完全に症状が安定するまでは治療に専念するのが大切です。最後が再発予防期ですが、うつ病は再発率の高い病気なのでチェックしておきましょう。症状が完全に安定してからも薬物治療を続けます。一般的には1年から2年程は薬物治療を続けながら様子を観察するでしょう。基本的に医師の判断で薬物治療を続けるかどうかを決めるので、自分で判断して治療を止めるのは危険です。また、病気が再発してしまうおそれがあります。また、ストレスが溜まった時にどのようなサインが出るのか周囲の方に知らせておくことも大切です。家族や友人など、周囲の方の強力を得ながらうつ病の再発予防に取り組んでいきましょう。

病気を理解

病気の予防や治療には、その病気に対してしっかりと理解してあげることが必要になります。精神病の中でも有名なうつ病も、立派な病気だという認識が大切になってくるでしょう。病気についてチェックすることで理解できるようになります。

中間管理職の病気

近年、社会人の精神病患者が増えてきています。特に中間管理職の方はストレスが溜まりやすいと言われているので、チェックしておく必要があるでしょう。うつ病の予防ができるようになります。

女性の場合

女性のうつ病が増えてきていると言われているので、注意が必要です。特に出産後の女性はチェックしておきましょう。育児や人間関係など様々な要因からストレスを生じてしまうので対策が必要です。

季節による病気

季節によって発症するうつ病があります。冬季うつは日照時間の変化によるバイオリズムの狂いが原因と言われているのです。季節によって調子が悪くなる方は冬季うつをチェックしてみましょう。