うつ病治療の流れを事前にチェックしておきましょう

季節による病気

ドクター

うつ病にはいくつかの種類があり、症状も異なってくるのでチェックしておくと良いでしょう。どのような種類があるかチェックしておくだけでも、十分な対策が取れるようになるからです。まず、有名な種類が季節性うつでしょう。これは名前の通り、季節によって発症するうつ病です。季節性うつの中でも特に多いのが、冬季うつと言われています。冬季うつは冬に発症する種類の病気です。10月頃から本格的に気温が下がり、日照時間も短くなってきます。一般的に10月から12月頃の寒くて日照時間が短くなってくる時期に発症するのです。ただ、冬季うつは季節が過ぎれば症状が回復します。3月頃から暖かくなり、日照時間も増えてくると症状は回復するのです。その為、冬になって調子が悪くなってくる方はチェックしておくと良いでしょう。冬季うつの場合は一般的な大うつとは違い、睡眠時間が長くなってしまう特徴があります。大うつの場合は中々寝付けなくなり、寝付けたとしてもちょっとした事で目が覚めてしまうのです。睡眠が十分取れないので、慢性的な睡眠不足に陥ります。一方で冬季鬱の場合は、過眠傾向が見られるでしょう。1日に10時間以上睡眠を取っても眠気が取れなくなります。十分に睡眠を取っているにも関わらず眠気が取れない為、結果的に睡眠不足のような症状が現れるでしょう。冬に過眠傾向が見られる方は、冬季うつをチェックするのがベストです。また、冬季うつの場合は食欲も増加すると言われています。通常、うつ病の場合は食欲が減り、食事を取らなくなることが多いでしょう。意欲が減るため、食事を取る気力が湧いてこないのです。ですが、冬季うつは食欲が増加します。特に甘い物を異様に欲するようになるでしょう。チョコレートやお菓子などの甘い食べ物を異常に摂取しようとするのです。胃の許容量を超えても摂取しようとする傾向が見られるのでチェックしておきましょう。基本的にこの二つが冬季うつの特徴的な症状です。他の症状としては、一般的なうつ病と似たような症状が現れます。憂鬱な気分が続いたり、気力や興味関心が無くなったりするでしょう。冬季うつの治療方法として有名なのが光照射療法です。この治療方法は強い光を用いた治療方法で、朝に光を照射して脳を活性化させます。通常の生活リズムを取り戻すことで症状を改善するのです。冬季うつは基本的に日照時間が短くなることでバイオリズムが狂ってしまうことで発症すると考えられています。光照射療法を利用してバイオリズムを整え、症状を改善する方法なのです。また、朝起きた時に日の光を浴びるのも効果的で、軽い運動を取り入れると良いでしょう。季節によって調子が悪くなる方はうつ病かどうかをチェックするのがおすすめです。